2017年7月号


創意工夫を凝らしたレシピを毎月紹介。今月のおすすめ料理はこちら!
ごぼうと人参で麺風あんかけ
ごぼうと人参で麺風あんかけ



初開催 JA八戸キッズあぐり塾開校
班長と一緒に苗を植える
▲ 班長と一緒に苗を植える
 JAは6月17日、平成29年度キッズあぐり塾を開校し、管内の児童14人が参加しました。
 JAが自己改革の重点目標の一つとして掲げる「地域活性化への貢献力発揮」の一環として、管内の児童に1年を通して農産物の定植、管理、収穫、調理、試食を体験してもらうことで、次世代を担う子供たちへの食農教育を図るとともに、保護者を交え組合員・地域住民とのつながり強化を図ろうと企画しました。
 塾長を務める佐々木福栄組合長は五戸町のJA営農経済本部で行った入校式で「青森県には美味しい農産物がたくさんあります。1年を通して食と農について楽しく学んでください」と挨拶しました。第1回目の講義として、倉石地区のほ場に移動し、小笠原克則JA営農指導課長が先生となり枝豆や大豆の定植作業を体験。JAの新人職員が班長を務め、3班に分かれて種子や苗の定植を行いました。農作業は未経験の児童が多く、興味津々で苗や土を触っていました。
1年間楽しく勉強します
▲ 1年間楽しく勉強します
 作業を終えると本部に戻り、一般社団法人家の光協会で製作した絵本「ごはんつぶのすけ」をプロジェクターに映し、紙芝居形式の授業を実施。ナレーションはJA新人職員が務めました。児童たちは職員の「ご飯は栄養が満点です。残さず食べましょう」というナレーションに合わせ、元気よく返事をしていました。
 塾に参加した田子町立清水頭小学校4年の尾形優伊奈さんは「他の小学校の知らない人がたくさんいてドキドキした。家で枝豆を植えているけど、自分で苗を植えたのは初めて。上手に植えることができて良かった。次が楽しみ」と感想を話しました。
 JAは今後、定植した圃場の観察、収穫、大豆を使った豆腐作りなどの講義を予定しています。
もっと見る


JA八戸は、あなたに安心・安全をお届けします。
 
 
  詳細はこちら



2017-06-05 平成30年度新採用(大卒・短大卒)職員募集
2017-01-24 JA八戸出会いサポート交流企画第4弾「大人の鉄コン〜レストラン鉄道で素敵な出会いを〜」開催のお知らせ
2017-01-17 平成29年度競争入札参加資格審査申請書提出について
2017-01-12 H29料理コンテストの開催のお知らせ
2016-09-21 JA八戸女性大学 スマイルカレッジ 第4期受講生募集>
2015-02-19 出会いサポート会員募集
総務部   金融部   共済部   経済部   営農部