トップページ > JAの概要(組合長の挨拶)



組合長の挨拶


組合長  この度は、JA八戸のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 当地域は、青森県が日本一の生産量を誇るにんにく・ながいも・ごぼうをはじめ、りんご・洋梨「ゼネラル・レクラーク」などの特産果樹、花きでは輪菊・バラなどの切り花、畜産では肥育牛の「倉石牛」・「田子牛」といった多種多様な農畜産物の生産が盛んな本県を代表する農業地帯です。

 当JAでは、『夢のあるJA』を目指して~組合員でよかった~ ~利用してよかった~ を平成28年度から平成30年度を対象とした中期3ヵ年計画の柱に位置づけ、「地域に根ざし、人の命と土の文化を育む」を理念に、農業により地域住民の命と健康を守り、協同することで人を大切にする豊かな地域づくりを目指しています。

 また、消費者の食料・農業への関心は高く、「安全・安心」が求められているなか、JAとしての使命と消費者のニーズに応え信頼される農畜産物を提供するため、生産履歴記帳運動の確実な実践とGAP(農業生産工程管理)導入や、関係機関と連携した残留農薬分析検査を実施しています。

 今後も豊富な農畜産物を有した総合産地という最大のスケールメリットを活かし、地域の農業振興と活性化に全力で取り組み、「JA八戸ブランド」を日本全国へ発信して参ります。
八戸農業協同組合
代表理事組合長  佐々木 福栄