2019年6月号


創意工夫を凝らしたレシピを毎月紹介。今月のおすすめ料理はこちら!
ごぼうと人参で麺風あんかけ
ごぼうと人参で麺風あんかけ



第3回 開校! キッズあぐり塾
 JA八戸は5月18日、農作業を通じて食と農業の大切さを知る機会として、令和元年度JA八戸キッズあぐり塾を開校しました。管内から小学生とその保護者33人が参加し、今年入組した職員10人がリーダーとなり、子どもたちと一緒に農作業を体験しました。

開校式
 八戸市の八戸営農センター(中央)で行われた入校式では、当JA山美喜正営農担当常務が「皆さん初めて田んぼに入ると思います。田んぼの感覚をじっくり感じてほしいと思います。そして1年間を通して大きく成長してほしいと思います。」と挨拶しました。その後、子どもたちは一緒に学ぶ友達に向けて、元気よく自己紹介を行いました。
 赤、ピンク、青、黄色のそろいの帽子をかぶった子どもたちは4班に分かれ、班のリーダー、副リーダー役となる今年入組したJA職員と一緒にバスに乗り込みました。

田植えの体験
 田んぼに着いた一行は、はだしになり、初めての田植えを体験しました。小笠原克則JA営農指導課長は「苗を3、4本取って、親指、人差し指、中指でつまむようにもって土の中に抜けないようまっすぐに植えていきましょう」と指導。
 子どもたちはひざ近くまでつかり、田んぼのどろに足を取られながらも、新入職員のリーダー、副リーダーに手を支えてもらいながら田植えを行いました。リーダー、副リーダーと一緒に目印をたよりに15cm間隔で苗が倒れないように丁寧に植えていきました。田植えの後は、職員手作りのお団子を堪能しました。

帰りの会
 今日の授業で学んだことや気づいたことの感想文を書きました。「田んぼに入るのは初めてでどろが予想以上に深くてびっくりしました。苗を上手に植えることが出来てよかったです」「自分で植えた苗が大きくなってお米が出来るのが今から楽しみです。おいしいお米になればいいな」と感想を述べました。

 今後キッズあぐり塾は4回開講し、稲刈りやそのお米を使い親子料理教室などを計画しています。
もっと見る


JA八戸は、あなたに安心・安全をお届けします。
 
 
  詳細はこちら



2019-05-09 住宅ローンとくとくプランについて [NEW]
2019-03-22 定期貯金商品概要について
2019-03-22 住宅ローン繰上返済条件について
2019-03-18 理事の構成要件が変わりました
役員改選が行われます
2019-02-01 「JAの自己改革に関する組合員アンケート」にかかるJA職員をかたった詐欺事件の発生について
2019-02-01 平成31年度競争入札参加資格審査申請書提出について
2018-04-25 集金時のお取扱いについて
2018-04-25 特殊詐欺被害の未然防止に向けた取組みについて
2015-02-19 出会いサポート会員募集
総務部   金融部   共済部   経済部   営農部